建築家のぼやき

今、とあるプロジェクトの敷地模型を作っています。そしてふと思いました。なんで、隣地屋根はこんなに複雑なのか!模型を作るのも一苦労なら実際の建物だってその屋根を作るのが大変だったはず。シンプルだったら、建てるのにかかる金額も時間も減るし、模型にかける時間も減るのに!

とぼやきでした。すみません!

180707_ぼやき.jpg

住宅街の中にある住宅物件だと、隣地邸のベランダ、窓、リビングの位置以外に屋根の形状もとても重要。せっかくの新しい家に光が入らなかったら悲しいですからね。また、リビングの窓から見えるのが隣地の洗濯物とかだったら窓を設けてもカーテン閉めっぱなしになってしまう。全く意味がない。寝室の窓を開けたら、隣地の寝室の窓!そんなびっくりは避けたいです。そういう一つ一つの項目を考えながらスタディをするため敷地模型って本当に重要ですね。さて、この大きな四角の中にどんなものを作りましょう。ワクワクする時が続きます。