真鍮のビス

明日はK邸の引き渡しです。早めに現場入りして、工務店と一緒にまる・ち製作の革製品を設置して頂くことになっています。取り付け位置は養生を外した後の状態で決定するのがより好ましいため、最後の最後での取り付けとなりました。革と真鍮とラワンとシベリアンウォールナットの質感と色味が上品に空間を演出してくれると期待しています。

真鍮ビスは今回革の取手部分に使います。比較的高価でかつ扱いにくいため、ここぞという場所のみの使用に限られてきます。真鍮は非常に柔らかい金属なので、下穴を作り、ゆっくり慎重に締めていかないとなめてしまうことがよくあります。特にマイナスの頭の場合はすぐに傷が付き、頭が使えなくなります。扱いにくいため、意匠以外の理由で使うことは少なく、真鍮のマイナスビスを探すのに一苦労いたしました。プラスの頭なら東急ハンズなどの専門店で売っているのですが、マイナスの方はネットでも限られたサイズしか売っていません。しかし!K邸の工務店さんが教えてくださいました!真鍮ビスを売っているお店!こちらのお店では以下の品が常備されています。1個単位から購入可!しかも実際手にとって確認できるからサイズの間違いはない。ネットワーク、そして、情報って本当に大切ですね。工務店さんに心から感謝いたします。

余談ですが、真鍮ビスは全て輸入物みたいです。海外のサイトで検索をすると真鍮ピスのオプションがたくさん出てきます。日本よりも需要があるからなのでしょうか?海外に行く機会があれば、ぜひ金物屋さんに足を運び、スーツケースいっぱいに日本では購入できない金物を敷き詰め、今後のプロジェクトのために事務所に保管しておきたいです。

 革と木の戸当たり

革の戸当たりの試作品を作りました。タモ材と栃木レザーで作られています。フローリングの床に馴染む、とても上品でユニークな戸当たりだと思います。床への取り付けはいろんな方法があり、今回の現場では両方向のネジで対応することに。もちろん、商品化したければ鬼目ナットを入れて、オス用に土台を設ければいいのですが・・・もう少し小さい径にして、糸の部分を下に向ければすべらないので、ツマミにもなるのかなぁ・・・とか考えたり。商品化していただける企業さんいらしましたら、是非、お声掛けください!建築家の方で、この商品を使いたい!という方がいらしましたら、個人的にお声掛けください!一個3000円くらいでいかがでしょうか?本気です!!!

革の戸当たり 

ブログを始めます

ブログを始めます。


日々感じていること、見たこと、感動したこと、笑ったこと、建築家として、人として、少しでも共感していただけたら・・・弊社に設計をお願いしたい!と思ってくださる方が増えたら・・・なんていう願いを込めて、不定期に(←週1目指します!)徒然なる感じになると思いますが、ブログを始めます。お時間のある時に是非お立ち寄りください。


現在進行中のK邸のお施主様は素材の質感や手触りなどにこだわりのある方。無機質な素材ではなく時間とともに風合いがよくなる「何か」をディテールのスケールでも取り入れたいと設計当初から考えていました。そこで今回はオリジナルの戸当りと家具の取手、扉の取っ手カバーなどを革製品で作ることを考えています。現在試作品作成中・・・革職人さんに頼めば一番てっとり早いのですが、さすがにこんな小さなお仕事をお願いできる革職人さん、存じ上げておりません。また、そんなことお願いしたらどんだけ高くつくかも想像がつきません。よって、自分でやるしかない。と試行錯誤でやっています。今まで見たことのないものを作りたい。手が触れる小さなエリアではありますが、取っ手の感覚がいつまでも心に残るようなもの。その取っ手の感触が家の思い出となれるようなもの。そんな思い出作りにも建築家頑張っちゃてます。
 

 

IMG_5556 のコピー.JPG