風通しのいい家 Breeze House

 
 
 
 

施主は小さいお子様のいらっしゃる3人家族。お子様が成長してもお互いの気持ちの通じるようなオープンな間取りにしたいというご要望の元、既存の寝室の壁を全て撤去し、水周り機能を囲う白い箱型のエリア以外は大きな一つの部屋とした。天井まで届かない家具を配置することで、視覚的に用途を区切り、寝室や納戸を設けている。一見家具の一部に見える扉の取手も風通しの良さを考慮し四角く穴をくり抜いただけである。風通しのいい家はディテールのスケールでもその意匠が感じられるようにしている。また、寝室は施主の親がいつでも泊まれるようにカーテンで区切れるようにしている。いずれは壁を設けて、子供部屋を作ることも将来プランの一環として話し合った。寝室とリビングの間にある2枚扉はお子様の就寝後、下の扉を締め、上の扉を少し開けておくことでお子様の状況を常に確認できるために考え出した案である。
手に触れる素材に対して強いこだわりのある施主であったため、取手は革で巻き、戸当たりは革でオリジナル製品を製作し、時間が経つごとに風合いの生まれる仕様とした。

 
 

用途    個人住宅 
改築面積  85.77㎡
設計    まる・ち設計 /知念里奈
施工    月造 /月森忍 島本貴浩
竣工年   2017
写真    中村絵

 

Program              Residential
Renovated areas 85.77㎡
Design                   MARU・CHI /Rina Chinen
Contractor             Tsukizo Inc.
                              Shinobu Tsukimori  Takahiro Shimamoto
Year Completed    2017
Photo Credit         Kai Nakamura